ジェームス・ゴールウェイ

ニューヨーク編1

ジャームス・ゴールウェイ

ニューヨークのJ.ゴールウェイ
日本を代表するフルーティスト=清水信貴さんは、ある日、ニューヨークを訪れましたが、偶然にも、J.ゴールウェイを始めとする世界のフルーティストたちとブロードウェイの路上で遭遇しました。(写真下)

nyfl.jpg

リンカーン.センター前のオープンカフェで(敬称略、背景はセンターの各施設)

この時の経緯をご紹介しましょう。

まず、清水さんがジム・フェイラン氏(フルートメーカー=リリアン・バーカート社長)とジュリアード音楽院のフルート講習会に出席した後、リンカーン・センター前のブロードウェイのおしゃれなオープンカフェで食事をしていたそうです。そこへ、ニューヨーク公演中のジェフ・ケナー氏(フィラデルフィア響主席奏者)が偶然通りかかったのです。故ジュリアス・ベーカー門下で旧知の仲の清水さんとジェフさんが合流。すると、リンカーンセンターでリハーサルを終えたメトロポリタン・オペラのフルート奏者=マイケル・パーロフ氏が道路を渡って来たのです。偶然を驚き、大喜びのパーロフ氏他メトロポリタンのメンバーが加わり、サプライズ・パーティが始まったようです。またそこへ、たまたまジェームス.ゴールウェイ氏とニューヨーク・フルートセンター社長のフィル・アンガー氏が一緒に歩いて現れ、賑やかなフルーティスト・パーティを発見し、2人も参加して大いに盛り上がった、と言うのが真相だそうです。

これが、ニューヨーク!さすがに世界の中心ですね。こんなことがあるのが、ニューヨークの音楽界です。Such a small world !

LinkIconニューヨーク編2へ

LinkIconZ子の悲劇Topへ

ページの先頭へ